無難となるカラス撃退が存在する方法の考察

subpage01

カラス撃退の根本としてはまずカラスは学習能力が存在する鳥であり、最初のうちは警戒心があって近寄って来なくてもある程度の期間を経て大丈夫だと気が付けば寄ってきます。

特に都心などではカラスが大量発生することも多く、ゴミ置き場などは餌が存在する為、確実的に狙われる場所です。

それと同時にカラスの産卵シーズンでは、巣を守る習性があるため、人間が巣に近づくだけで攻撃する場合もあり、頭部を足やくちばしで襲われたりする危険性もあります。


そのためカラス撃退をするのは至難の業であることを覚悟します。カラス撃退というよりカラスによる被害の軽減をするためには餌となるゴミ置き場を狙う性質があるため、ゴミ袋の上に被せるカラスネットを用いる方法が存在します。



使い方は簡単ですがうまく被せないと隙間から狙われることもあり、根本的な撃退とはなりません。


またキラキラ光るテグスを張ると効果がありますが、規則性をもたせて張り巡らせるより、不規則に張り巡らせることがポイントとなります。

goo ニュースが話題になっています。

一度でもカラスが足を引っ掛かったりすると二度と来ないことも多いため、効果があるとされます。他にもカラスの習性は目で見て餌などを探し警戒心が強く、不要なCDなどキラキラと輝く物には近寄らないため、輝く物を設置して寄せ付けないカラス撃退方法も一定の効果があり無難な方法です。



他にもカラスが来た時に威嚇や追い払うなどの方法もあったり、エアガンで狙って攻撃するなどの方法もありますが、近所迷惑や流れ玉が人に当たる可能性もあるため注意が必要となります。